Die besten Survival & Outdoor TV-Sendungen

Der Winter steht vor der Tür und unsere Möglichkeiten für aufregende Outdoor-Abenteuer sind die nächsten Monate erheblich eingeschränkt. Natürlich bietet gerade die Winterzeit ganz spezielle Herausforderungen, wie zum Beispiel das entfachen von Feuer, die Beschaffung von Nahrung oder der Bau einer warmen Unterkunft. Doch wer die kalten Monate lieber Zuhause verbringt, kann mit den folgenden […]

Continue Reading

Outdoor Gewinnspiele im November 2014

Schnäppchenjäger aufgepasst! Hier habe ich euch alle aktuellen Gewinnspiele, Fotowettbewerbe und Ratespiele zusammengefasst. Vom Winterschlafsack über ein paar Skier bis hin zu einer Canada-Reise für 2 Personen ist für jeden etwas mit dabei. Bitte beachtet die Teilnahmebedingungen der jeweiligen Gewinnspiele für genaue Informationen.                   4. November 2014

Continue Reading

富士山 – 須走ルート

旅行者に人気の吉田ルート(黄色)、上級者向けの御殿場ルート(緑)、最も頂上までの道のりが短い富士宮ルート(青)、そして、樹林帯を通る須走ルート(赤)です。 須走ルートは、2700mまでは植物の生い茂った道のりなので、心地よい日陰が続きます。他の3つのルートに比べ、登山者も少ないですが、その分、山小屋も少ないです。 今回、僕は日本人の友人と一緒だったので特に問題なく計画を立てることができましたが、外国人で、日本語が話せない場合、1人で登山を計画するのは難しいかもしれません。 もちろん英語だけで進めることは出来なくはないのですが、バスや電車の時間など、予め入念に計画をたてる必要があるでしょう。   御殿場 東京から、須走五合目口へ行くには、まずはバス、または電車で御殿場駅に向かいます。 新宿駅から出ているロマンスカーは、最も早く御殿場駅に着けるのでお勧めです。ただし、新宿から御殿場まで行く電車は1日に3本なので注意。時刻表はこちら→ click. 御殿場駅からは、須走五合目口行きのバスに乗り、富士山の約2000m地点まで向かいます。須走五合目口行きのバス乗り場は、駅の出口を出てすぐ左手にあるので、迷うことはなく見つけられます。チケットは、バスに乗る前に購入します。バスを降りる際に、チケットを見せる必要があります。 バスに乗って約1時間後、ようやく須走五合目口に到着。入口付近にはお土産屋さんやレストランが並びます。 厳密に言えば、山小屋に宿泊せず、日のある間に登ることはできますが、その場合、6:30に須走五合目口を出発し、頂上を14:00には降り始める必要があります。 ゆったりと登りたいのなら、僕が宿泊した瀬戸館はお勧めです。2700m地点にあり、一泊7500円で夕食、朝食付。トイレも宿泊客は無料で利用出来ます。富士山では登山中トイレを利用する場合、200円から300円かかります。 登山の記念にもなる金剛杖は、登山口前のお土産屋さんなどで約1000円で購入できます。それぞれの登山地点で焼き印を250円で押してもらえます。   出発! 須走五合目口付近のレストランでお蕎麦を食べ、14:20ごろに出発。 登り始めは、美しい自然が続きます。道もそれほど険しくなく、子供連れの家族でも大丈夫でしょう。 約2時間後、6合目に到着。ここでは味噌汁とアイスを購入。ここからも充分美しい景色が楽しめます。 ここから、宿泊予定の瀬戸館までは、約40分ほど。 休憩時間も含め、出発して約3時間ほどで瀬戸館に到着。2時間ぐらいでも充分登山可能です。 到着すると、中年の男性が笑顔で迎えてくれました。最初に泊まるベッドまで案内してくれた後、富士山の情報など、たくさん話をしてくれました。その日の宿泊客は、私達と、1人のおじいさんだけだったので、食事の時間やメニューなども相談して決めることができました。 その日の日没時には、雲に富士山の影が写る、“影富士“も見ることができました。 翌日、早朝4:30、標高2700m地点にある瀬戸館からも、素晴らしい御来光を見ることができました。地平線に昇る太陽は、非常に感動的でした。 胎内神社 朝食後、瀬戸館の近くに小さな洞窟があると聞き、訪れてみることにしました。そこは胎内神社と言い、入口には鳥居もありました。洞窟の入口は非常に狭く、洞窟の割れ目をくぐって行くので窮屈なのですが、中に入ると広い部屋の様になっていて、奥には棺も置かれていました。 瀬戸館に戻り、荷造りを済ませ、いよいよ山頂に向かいます。 ここからの数百メートルは、一時間半ほど、日影のない緑が続きます。帽子、首に巻くタオル、日焼け止めなど、しっかりした日焼け対策が必要です! さらに先へ…いくつか山小屋ではもちろんかなり割高ですが、お菓子や飲み物を買うことができます。3時間ほど登ったあと、7合目で長めの休憩をしました。7合目では吉田ルートと須走ルートが合流するので、登山者もぐっと増えます。 頂上まではもう少し…登るにつれ空気も薄くなっていきますが、わりとスムーズに山頂まで到着することができました。 山頂 山頂に着いてまず驚いたのは、お土産屋さんやレストランなどがずらっと立ち並んでいたこと。とても山頂とは思えない、まるで小さな村の様でした。 そこから、100mほど進んだ場所からはで噴火口をみることができます。噴火口の底には、古い雪が残っているだけですが、噴火口に広がる黒い岩石から、富士山が火山活動のある山だと分かります。 お鉢巡り 約一時間半ほどで、噴火口をぐるっと一周することができます。1番高い場所には、気象台が設置されていました。 13:00ごろ、下山を開始。バスの時間が迫っていたので、ちょっと心配していましたが、約2時間半で下山することができました。 しかしこの“須走“の名前の由来にもなっている“砂の道“が、なかなか厄介で、大変埃っぽく、道も安定しないので疲れました。さらに日焼け対策をしていなかったので、かなり日焼けしてしまいました。それでもなんとか須走五合目口に無事到着。東京行きのバスにも、時間通り乗ることができました。   まとめ 富士山は一生に一度は登る価値のある素晴らしい山でした。 外国人の場合は、須走五合目口や、他の出発地点に着く前に、充分な準備をする必要があると思います。例えば、時間の計画、日焼け対策、登山用靴、レインコート、お金、懐中電灯、2ℓ以上の水、など….下山の際、大変乾燥して砂埃がたつ場合があるので、マスクを持参することもお勧めします。

Continue Reading

Top Android-Apps zur Pilz, Kräuter, Beeren & Baumbestimmung

Doch wenn man sich über essbare Pilze, Beeren oder allgemein über unsere Pflanzenwelt informiert, kann man so einige Überraschungen erleben. Lilablaue Pilze, die nicht nur essbar, sondern auch noch sehr schmackhaft sind, sowie unscheinbare Kräuter und Pflanzen die genug Gift enthalten, um den Verzehrenden in eine lebensgefährliche Situation zu bringen. Dank unseres technischen Fortschritts, können […]

Continue Reading

The Caves Of Mabinay

We started at 8am in Dumagute City with a brief stop at Tanjay City. After two and a half hours we arrived in front of 2 little houses, where we got our equipment and instructions for the visit inside the caves. We separated in 4 groups of 12 people and started the tour.   Crystal […]

Continue Reading

Mt. Fuji – Subashiri Route

Die von Touristen überlaufene Yoshida Route [gelb], die anspruchsvollere Gotenba Route [Grün], die am einfachsten zu schaffende Fujinomiya Route [Blau] und die mit Abstand schönste Subashiri Route [Rot]. Die Subashiri Route ist bis 2700 Meter fast durchgehend bewachsen und deswegen angenehm schattig. Auch der Tourismus hält sich im Vergleich zu den anderen Routen sehr in […]

Continue Reading

Mt. Fuji – Subashiri Trail

The very touristic Yoshida Trail [yellow], the challenging Gotenba Trail [green], the easy going Fujinomiya Trail [blue] and the beautiful Subashiri Trail [red]. The Subashiri route is up to 2700 m nicely vegetated, shadowy and beautifully green. You’ll find much less tourism compared to the other three tracks, but this also makes it less accommodations. […]

Continue Reading

Mainit Springs in Malabuyoc

The Mainit-Springs are the perfect combination of nature, wildlife and wellness spa and also the most common tourist attraction in Malabuyoc. It’s very easy to get there by car or motorcycle and enough parking space is also provided. At the entrance they ask for 20 PHP “environmental fee” and a short entry in their register. […]

Continue Reading

Die Höhlen von Mabinay

Nach ca. zweieinhalb Stunden sind wir dann vor zwei kleinen Häusern angekommen, vor welchen wir unsere Helme und einige interessante Informationen über die Entstehung und die Instandhaltung der Höhlen bekommen haben. Wir wurden in Gruppen von ca. 12 Personen aufgeteilt um die Höhlen nicht zu überlasten.   Crystal Cave Meine Gruppe ist als erstes in […]

Continue Reading

Mt. Talinis – Top of the Cuernos de Negros

surrounded by three crater lakes. Going up that mountian, is definitly not a usual tourist activity and should only be done in accompaniment of a guide. Also people who are not sure-footed, afraid of insects, claustrophobic or don’t want to get dirty, should not go this trail. You’ll additionally need some appropiate equippment and good […]

Continue Reading