富士山 – 須走ルート


富士山は、3776mを誇る日本で1番高い山で、2013年にはユネスコによる世界遺産にも登録されています。富士山には主に4つの登山ルートがあります。

旅行者に人気の吉田ルート(黄色)、上級者向けの御殿場ルート(緑)、最も頂上までの道のりが短い富士宮ルート(青)、そして、樹林帯を通る須走ルート(赤)です。


須走ルートは、2700mまでは植物の生い茂った道のりなので、心地よい日陰が続きます。他の3つのルートに比べ、登山者も少ないですが、その分、山小屋も少ないです。


今回、僕は日本人の友人と一緒だったので特に問題なく計画を立てることができましたが、外国人で、日本語が話せない場合、1人で登山を計画するのは難しいかもしれません。

もちろん英語だけで進めることは出来なくはないのですが、バスや電車の時間など、予め入念に計画をたてる必要があるでしょう。
 

御殿場

東京から、須走五合目口へ行くには、まずはバス、または電車で御殿場駅に向かいます。
新宿駅から出ているロマンスカーは、最も早く御殿場駅に着けるのでお勧めです。ただし、新宿から御殿場まで行く電車は1日に3本なので注意。時刻表はこちら→ click.

御殿場駅からは、須走五合目口行きのバスに乗り、富士山の約2000m地点まで向かいます。須走五合目口行きのバス乗り場は、駅の出口を出てすぐ左手にあるので、迷うことはなく見つけられます。チケットは、バスに乗る前に購入します。バスを降りる際に、チケットを見せる必要があります。



バスに乗って約1時間後、ようやく須走五合目口に到着。入口付近にはお土産屋さんやレストランが並びます。



厳密に言えば、山小屋に宿泊せず、日のある間に登ることはできますが、その場合、6:30に須走五合目口を出発し、頂上を14:00には降り始める必要があります。

ゆったりと登りたいのなら、僕が宿泊した瀬戸館はお勧めです。2700m地点にあり、一泊7500円で夕食、朝食付。トイレも宿泊客は無料で利用出来ます。富士山では登山中トイレを利用する場合、200円から300円かかります。

登山の記念にもなる金剛杖は、登山口前のお土産屋さんなどで約1000円で購入できます。それぞれの登山地点で焼き印を250円で押してもらえます。
 

出発!

須走五合目口付近のレストランでお蕎麦を食べ、14:20ごろに出発。


登り始めは、美しい自然が続きます。道もそれほど険しくなく、子供連れの家族でも大丈夫でしょう。







約2時間後、6合目に到着。ここでは味噌汁とアイスを購入。ここからも充分美しい景色が楽しめます。 ここから、宿泊予定の瀬戸館までは、約40分ほど。



休憩時間も含め、出発して約3時間ほどで瀬戸館に到着。2時間ぐらいでも充分登山可能です。

到着すると、中年の男性が笑顔で迎えてくれました。最初に泊まるベッドまで案内してくれた後、富士山の情報など、たくさん話をしてくれました。その日の宿泊客は、私達と、1人のおじいさんだけだったので、食事の時間やメニューなども相談して決めることができました。



頂上で御来光を見るために、7合目、8合目の山小屋で宿泊する登山者が多いのですが、山小屋は値段も山頂に近いほど高く、さらに狭いベッドに敷き詰められるようにしか寝れず、とても快適とは言えません。頂上で御来光を見ることにこだわらなければ、瀬戸館は快適でお勧めです。

その日の日没時には、雲に富士山の影が写る、“影富士“も見ることができました。




翌日、早朝4:30、標高2700m地点にある瀬戸館からも、素晴らしい御来光を見ることができました。地平線に昇る太陽は、非常に感動的でした。



胎内神社

朝食後、瀬戸館の近くに小さな洞窟があると聞き、訪れてみることにしました。そこは胎内神社と言い、入口には鳥居もありました。洞窟の入口は非常に狭く、洞窟の割れ目をくぐって行くので窮屈なのですが、中に入ると広い部屋の様になっていて、奥には棺も置かれていました。






瀬戸館に戻り、荷造りを済ませ、いよいよ山頂に向かいます。
ここからの数百メートルは、一時間半ほど、日影のない緑が続きます。帽子、首に巻くタオル、日焼け止めなど、しっかりした日焼け対策が必要です!









さらに先へ…いくつか山小屋ではもちろんかなり割高ですが、お菓子や飲み物を買うことができます。3時間ほど登ったあと、7合目で長めの休憩をしました。7合目では吉田ルートと須走ルートが合流するので、登山者もぐっと増えます。


頂上まではもう少し…登るにつれ空気も薄くなっていきますが、わりとスムーズに山頂まで到着することができました。


山頂

山頂に着いてまず驚いたのは、お土産屋さんやレストランなどがずらっと立ち並んでいたこと。とても山頂とは思えない、まるで小さな村の様でした。






そこから、100mほど進んだ場所からはで噴火口をみることができます。噴火口の底には、古い雪が残っているだけですが、噴火口に広がる黒い岩石から、富士山が火山活動のある山だと分かります。






お鉢巡り


約一時間半ほどで、噴火口をぐるっと一周することができます。1番高い場所には、気象台が設置されていました。


13:00ごろ、下山を開始。バスの時間が迫っていたので、ちょっと心配していましたが、約2時間半で下山することができました。

しかしこの“須走“の名前の由来にもなっている“砂の道“が、なかなか厄介で、大変埃っぽく、道も安定しないので疲れました。さらに日焼け対策をしていなかったので、かなり日焼けしてしまいました。それでもなんとか須走五合目口に無事到着。東京行きのバスにも、時間通り乗ることができました。
 

まとめ

富士山は一生に一度は登る価値のある素晴らしい山でした。

外国人の場合は、須走五合目口や、他の出発地点に着く前に、充分な準備をする必要があると思います。例えば、時間の計画、日焼け対策、登山用靴、レインコート、お金、懐中電灯、2ℓ以上の水、など….下山の際、大変乾燥して砂埃がたつ場合があるので、マスクを持参することもお勧めします。

No comments yet.

Schreibe einen Kommentar